Facebookでご存知の方もおられるかとは思いますが、

3/30に奈良県香芝市畑に開院しました「花咲く動物病院」です。

どうぞお見知りおきください!

 

開院に先立って開催した内覧会や、開院後のお問い合わせ等で

院長について、ご質問をいただく機会がありました。

プロフィールはホームページに掲載させていただきましたので

スタッフからみた院長について書いてみたいと思います……

 

Q. 年齢は…?

A. アラフォー…です!

 

Q. どんな人柄…?

A.穏やかで、怒ったり不機嫌なところを見たことがありません。

物静かですが、病気の説明となると饒舌になります!

休みの日は牧場やペットショップや動物園や水族館など、

やっぱり動物のいるところをウロウロしてます(笑)

意外?!元ラガーマンです。甘いものが好きすぎてちょっと心配です。

 

Q. 小鳥、小動物診療を標榜していますが、実際の経験はいかほど…?

A. スタッフ紹介にもございますが、

 

 犬、猫、鳥類全般、フェレット、フェネック、

 ウサギ、モルモット、チンチラ、デグー、

 プレーリードッグ、ジリス、リス、

 ハムスター、モモンガ、ヤマネ、マウス

 ラット、フクロモモンガ、ハリネズミ、

 カメ、トカゲ、ヘビ、カエル、

 イモリ、サンショウウオ…

 

などなど…多種多様な動物を専門的に診療する大阪の動物病院で10年間診療してきました。

不安なことや心配事があればお気軽にご相談ください!

 

 

re-IMG_7153

re-IMG_7145

ご来院の皆様によく、待合室が病院っぽくない、カフェみたいでかわいいと褒めていただけます。

そのためなのか、病院は苦手だと言う子が、とてもご機嫌で通院してくれていて嬉しい限りです。

待合は、良い意味で病院らしくない、ゆっくりお話して行っていただけるような空間(とスタッフ)であれたらと思ってます。

 

hanasaku

ちなみに受付の壁面の絵は、香芝市在住の現代画家篠原滋生氏の作品です。

病院名の由来であるガーベラの花をモチーフに、当院のため大きなパネルに描き下ろして下さいました。

ご来院の際は是非ご鑑賞ください。

 

(受付スタッフ)