猫ちゃんを病院に連れて来るのは一苦労💦

といった飼い主様は多いのではないでしょうか?

キャリーバックに入れようとしても逃げて捕まらないというようなことをよくお聞きします😅

でもご来院時には必ずキャリーバッグに入れてお越しください。

 

抱っこで連れて来るのはとても危険です⚠️

 

 

IMG_7189

 

猫は非常に警戒心が強い動物なので、ちょっとした物音にびっくりしたり、強い恐怖心を感じたりすることがよくあります。

 

 

例えば待合室では他の人や動物に驚いて逃げたり、恐怖のあまり触れなくなるくらい怒ってしまい治療できなくなることもあります😢

短時間でスムーズに診察を終えるためにも、病院に行く前から猫に余計なストレスを与えないようにすることはとても大切です。

 

そのためには日頃からキャリーバッグは猫ちゃんの落ち着く場所、大好きな場所にしておくことが大事です。

 

 

病院に連れて来る時だけバッグを出してくると、キャリーバッグ=病院と関連付けてしまうので良くないです。

普段から猫ちゃんがいるお部屋に扉を開けた状態で置いておき、その中で大好きなおやつやフードを与えます。

※突然扉が閉まるとびっくりするので、初めは扉を外しておくと良いでしょう。

猫ちゃんが自分から入ることが大切なので、無理やり抱っこして入れるのはやめましょう。

 

 

病院に来られる際は、お家の匂いがついたバスタオルも一緒に持ってきていただけると猫ちゃんは少し安心しますので、キャリーバッグの上から被せて、周囲があまり見えないようにしてあげてください。

視野が遮られることで周囲から隠れている気分になり安心することができます。

また、むやみに中を覗き込んだり声をかけたりしないようにしてください。

わんちゃんと違い、喜ぶよりも怖がる場合が多いからです。

 

 

IMG_7187

 

 

ご協力宜しくお願いします😊